2012年03月18日

NONFIX 私という名のメディア


荒木というディレクターの視点で撮影は始まる。
今現在、インターネットの世界では、
個人でアップした動画が溢れていて、
その中で更にスターとされる人々が生まれている。

■Kumigar
youtube暦1年
1年で70本の動画をアップ。
英語でレシピを紹介しながらハイテンションで踊るという内容の動画だ。
彼女は富士山麓の実家で暮らしていて、父親は3代続く鯉料理専門の料亭を経営。
料亭を手伝う彼女は仕事を終えた深夜に動画を撮っている。
「自分のメッセージを伝えきれずに死んでいくのは嫌」と彼女は言う。
彼女は「私」という個人をネットで公開するのである。

■黒田勇樹
取材にいきなり遅刻して現れた彼。
その遅刻の様子さえも動画で公開している。
名前を聞くと誰でもしっているあの俳優の黒田勇樹だ。
実は彼、1年前に俳優を引退。
現在はその活動をネットに移している。
彼のサイトでは自作の動画やアニメを放送している。
収入源は今のところ、新宿バルト9、映画館内のカフェで働いて得る収入だ。
粘り強い取材の末、彼の本音を聞くことが出来た。
彼にとっての動画は「単なる暇つぶし」

他にも、現実世界のアイドルになりつつあるなあ坊豆腐(17歳)や、
スッピンからメイクして変身していく動画を配信して有名になったHamar@キラー(24歳)、
完成度の高い動画を配信し続ける住職の蝉丸P(38歳)

寺港みやび(45歳)はネコに関する動画をひたすら撮っている。
娘と撮影に出かけることも多い。
より濃密な家族関係を築くために彼が家族と決めたこと・・・
「TVを見るのをやめよう」

そんなしめくくりの番組でした。
昔はTVという巨大なメディアが人々の憧れの的であり、
何かを伝えるには絶対的な存在でした。
しかし、ネットが浸透してきた現在、もうTVに頼る必要も無くなったように思います。
個人で動画を公開すれば誰かが見てくれる。人気が出ればTVよりはるかに
多くの目にふれることができるのです。
震災関係の報道で新聞、TV、既存のメディアの情報操作が露呈されました。
もはや人々はTVというメディアを必要としていないのかもしれないですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 23:23| Comment(0) | NONFIX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

NONFIX 福島の警察官


震災からもうすぐ1年
ひたむきに職務を続ける人達・・・福島の警察官である。
彼らは今も行方不明者の捜索を続けている

警察官の1人
佐藤さんは警戒区域内で放射線を測定し続けている。
もともと郡山署に勤めているのだが、今は
片道2時間かけて管轄の地域まで通っている。

いわきにある実家の家族も被災者で
震災当日父親は洋上にいて、数日間は海から戻れなかったという。
未だに職は失ったままである。

宮城県出身で自転車サークルに入っていたときに福島で人の優しさに触れ、
現在は福島県の交通課に配属されている女性警察官の水谷さん。

彼女は上司とともに仮設住宅に通いつめ
住民を集めて交通指導をしている。

2011年の12月には大規模捜索が行われ、
区域によっては放射線防護服が必要な状況の中捜索したが、
不明者を見つけることはできなかった。

2012年になってからは
各地で働く350人の警官が福島へ転属された。

メディアでは放送されない警察官に焦点を当てた番組でした。
誰も住んでいない警戒区域を
毎日巡回する警察官。
地元で育ち、警察官になった方も多く、
福島のために復興を目指して努力を続ける彼ら・・・

自分が同じ立場なら彼らのように行動できるのか
みなさんすばらしい人達でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
タグ:NONFIX
posted by ドキュメントまにあん at 01:23| Comment(0) | NONFIX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする