2012年04月13日

NONFIX 〜出口の見えないアラフォー芸人〜

「3ガガヘッズ」
東京渋谷のワハハ本舗に所属する3人組の芸人だ。
2002年に3ガガヘッズを結成。
結成8年目の自称パフォーマンスグループである。
カラフルな全身タイツで、三位一体の芸を見せる。
名前の由来は英語の"GAGA"=おめでたい、バカな奴ら
メンバーは
リーダーのトニー淳(36)
パーマイ雅晴(40)
正源敬三(40)
出口の見えないアラフォーだ。

毎月の収入はおよそ4万円、あの手この手で毎日を生き抜いている。
アルバイト、ひたすら先輩におごってもらう生活、ヒモ・・・
逃れられない借金という現実、3人合わせて1000万円にもなる。

そんな彼らが一発逆転を賭けた挑戦をした。
スコットランドで行われる芸人の祭典「FRINGE(フリンジ)」
世界3大コメディアンフェスティバル。
FRINGEはかつてBLUEMANやがーまるちょばを輩出したイベントで、
そこには世界中から多くのプロモーターが次のスターを求め集まってくる。
この大会へ殴りこみをかけようとというのだ。

海外用のネタを初披露するのは7月12日静岡で行われる単独ライブ。
半月後に迫ったスコットランドの祭典で使うネタがどう評価されるのか気になるところだ。
セリフはすべて英語だったものの感触は上々で一安心。

■FRINGEまであと22日
3人はワハハ本舗の全体公演に参加していた。
リーダーのトニーは公演の空き時間も必死に台本を書いていたが、
他40歳コンビ2人にはあまり焦りはない。
劇団の公演はいつも客でいっぱい。
これは彼らにとっても大きな収入源である。

■FRINGEまであと17日
正源宅。
上京してから10年間、6畳一間家賃3万5千円の部屋に住んでいた。
彼の悩みの種は借金。
総額300万。
もちろん家賃も払えないので大家さんへの謝りの手紙も毎月かかせない。
彼の収入は毎月4万円。
週に5日はアルバイトでしのぐ。

7月23日、香川でのワハハ公演の合間に実家に帰る。
1970年大阪生まれ
離婚によって家計を支えることになった母にかわり、育ててくれたのは祖母だった。
家族は彼の活動の記録を全部残している。
高校卒業後松竹芸能の養成所へ入るも1年で退団。
その後、20歳で自分の劇団を立ち上げ、作、演出を自ら行った。
しかし8年で解散。
2000年にワハワ本舗に拾ってもらった。
それから12年、いまだに家族に恩返しできていないのが負い目だ。
地元での公演は彼にとっての精一杯の親孝行だ。
家族の前で少しだけ胸をはれる1日。

■FRINGEまであと10日
ワハハ本舗にて海外公演のネタを喰始がチェック。
喰の顔が曇る。
3ヶ月練習してきた自信のネタにダメ出しされたことで声を失う3人。

■FRINGEまで残り1週間
途方にくれている3人。
トニーはその夜先輩に話しを聞いた
手一杯だというトニーに対し、甘いんじゃない?と先輩は言う。
トニー宅。
部屋は家賃5万円。
ワハハのファンである大家さんが8万円の家賃を5万円にまけてくれた。
1974年鹿児島出身。
大学卒業後ワハハ本舗へ。
お手伝い期間を経て2000年に正式入団。
その後売れないまま10年。
やはり彼にも借金があり、その額200万円。
彼は節約術に長けている。
夕飯は毎日のように先輩、営業先のお得意様に奢ってもらっている。
手帳には仕事の予定よりも食事の予定がびっしりだ。

パーマイの自宅。
家賃3万22年暮らしている。
漫画やフィギュアを集めている。
1970年静岡生まれ、高校卒業後父親のコネで入社するも1年で退社。
その後1990年ワハハ本舗へ。
5年前に3ガガヘッズに入団。
彼の借金は400万。
休みの日は彼女の自宅へ。
なんと1年前に彼女からのプロポーズがあったそうだ。
しかし、まだ売れていない彼には結婚の意志はない。

■FRINGEまであと4日
3人にサプライズが。
喰や先輩からの思いがけない餞別。
それとともに喰のはからいで公演の最後には観客からエールをもらった。

■出発の日
通常は12時間かかるが、貧乏芸人の彼らは格安便を使い31時間かけていく。
能天気な40代2人はまるで旅行気分。
トニーは準備に追われる。
スコットランドに1ヶ月滞在するための生活費は4万円。
泊まるのはおよそ6畳の8人部屋1泊1800円。
FRINGEはスコットランドのエジンバラで行われる。
2000組のパソーマーが200箇所を超える劇場で1ヶ月に渡りステージを行う。

■初日
3人の評価は微妙だ。
観客も少ない。
翌日プロモーターに売り込みをかけるトニー。
しかし、反応は薄い。

■1ヶ月に渡りステージを行なってきたFRINGEが終了
やはり無謀だったのか。

FRINGEから数ヶ月後
彼らの姿が・・・
大道芸の日本一を決める大会「芸王グランプリ」。
彼らに場違いなのはよくわかっているが参加した。
結果はなんと優勝!!
独創的なアイデアを評価されたらしい。
横浜での路上ライブも開始。
彼らの道は茨の道だが、なにか吹っ切れた感がある。
この日のギャラ1人724円。
やはり現実は甘くない。

40歳の決断。
タイツは絶対脱ぎません。




ワハハ本舗の売れない芸人を時系列で追った今回の番組。
何年か前に見たものと全く同じ内容だったので再放送です。
番組中には年の表示はなく、月しか表示されなかったので気が付かない人もいるかもしれませんね。
なので現在の彼らの年齢も+2、3歳でしょう。

最近はそこそこ名前を聞くようになったので、
彼らもこの当時よりは全然マシな生活を送っていると思います。
以前もワハハ本舗の芸人に密着した番組の感想を書きましたが、芸人の世界は非常に厳しいようですね。
売れるのはほんの一握り、売れない芸人はどうしているんでしょう。
番組中の正源敬三氏の言い訳にまみれた発言の数々には正直腹が立ちました。
40歳になって努力するのを諦め、それを注意されたら言い訳をする・・・
年齢を重ねて上達したのは言い訳をする技術だったのか!
こう書いている私自身もアラフォーなので、彼を反面教師として
自分を戒めて生きていこうと感じました。


















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by ドキュメントまにあん at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | NONFIX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

NONFIX 薬剤師になろう!

薬学部の学生、森山くん
彼の社会科見学を通して薬剤師という職業を見つめる番組。

盛大なパーティ。
大手薬局による新卒囲い込みのイベントだ。
現在、人員が不足しているそうだ。
現在のこの大不況の中で就職率100%だそうだ。

実は薬科大学は数年前に改革が行われ、
4年制から6年制に移行した。
その移行の際、2年間卒業生がいない空白の時期があった。
2010年、2011年の2年間だ。
その後の2012年なので今は究極の売り手市場になっている。

薬学部学生の就職先は主に3つ。
病院、ドラッグストア、MR(薬の営業)。
初任給は30万くらいで、
年収の最高額は800万だそうだ。

森山くんは病院で働く薬剤師のもとへ見学に行った。
そこで働く薬剤師たちは医師との立場の違いが大きいと感じている。

実は薬科大学が4年制から6年制に移行した理由は、
チーム医療に対応できる人材を作るという目的があったからである。
チーム医療とは医師、看護師、薬剤師が同等の立場で医療を行うことである。

しかし、現実は医師>看護師>薬剤師という明確な力関係が存在していた。

次に森山くんはMRのOGを尋ねた。
薬に関しては、圧倒的に医師より薬剤師の方が理解が深いのだが、
医師からの処方箋→薬剤師が処方。
この構造のせいで、弱い立場に追いやられている。

最後の社会化見学は・・・
ドラッグストアのようであり、
隣にはデイケアセンターが併設されているちょっと変った場所で働く薬剤師を訪問。
そこで働く薬剤師のもとを尋ねた。
看護師と薬剤師の服薬指導を見て感動する森山くん。
病院で失望したが、この施設のように、
職業に関係なく協力して患者に接する人々に希望を見つけた。


薬剤師という普段知ることのない世界を見ることができて非常に面白かったです。
番組では薬剤師バブルと言っていましたが、
実はこのバブルは長く続かないことがわかっています。
小泉内閣による規制緩和で増え続けた薬科大学。
入学者が集まり、今ではもう薬剤師を希望する人の数は過剰になっているそうです。
卒業しても就職できるかどうかわかりません。
ついこの間求人情報を見た時もMRの募集がものすごく多いことを思い出しました。
この募集もだんだん減っていくのでしょうか。
森山くを含め薬剤師を目指す学生のみなさん、これからの就職は厳しいでしょうが、
がんばってください。応援しています!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 00:26| Comment(0) | NONFIX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

NONFIX 坊主 be anbitious!〜仏教と坊主とワタシ〜

居酒屋に入る5人の丸刈りの男。
実は皆若手の僧侶である。
しかも宗派は違うが揃って高学歴である。
インターネットでお寺を開いたり、スマートフォン向けのアプリまで開発している。
目指すは「日本の仏教をより良くすること」

仏教は今から2500年前インドの王が悟りを開いて始まったとされる。
そして1500年前に日本に伝わったらしい。
日本の仏教は大きく分けて13の宗派がある。
現在も僧侶は増え続けていて30万人にも及ぶらしい。
日本の寺の数も全国のコンビニの約2倍、7万7496軒もある。

京都の僧侶、知恩院に勤める池内さん。
無縁社会と言われる現代の中で少しでも人と人を繋いでいけたらという思いで
フリーマガジンを発行している。
彼はメールで人生相談も受けている。
そこで彼が感じていること・・・
世の女性は幸せとはなにかを感じにくい状態にあるのではないか。
景気の良い時は好景気=幸せだったが、
今の不景気で何をよりどころにすればいいのかわからなくなっているのではないだろうか。

今女性たちの間で仏教がブームらしい。
なぜ仏教に引かれるのだろうか?

岩夫舞さん29歳
東京で一人暮らしをして11年。
彼女が幸せに気づいたきっかけは断舎利の本。
30歳の誕生日に「暗闇ごはん」というイベントへ出かけた。
主宰するのは先のインテリ僧侶の一人。
この会は暗闇の中で食事をする会である。
暗い中一生懸命食べることで、
普段当たり前の日常の一つ一つを幸せに気づいて欲しいとのこと。

3つの仕事を掛け持つ酒井友希さん37歳
休みは実に月1日だけだという。
その1日を過ごすのはまず浅草寺、次に台東区にある宋雲院で座禅。
すべてを忘れ、自分を見つめなおす時間だ。

あなたは今幸せですか?

そんな締めくくりで番組は終了しました。
当たり前の日常の生活を違った視点で見ると別のものが見えてくる。
どんな小さなことも幸せに思えるように生きて行きたい。
仏教がブームと言われているのも少なからず震災に原因があるのではないでしょうか。
「何かにすがりたい」「何のためにいきているのだろうか」
それぞれ考える中で仏教に行き着いているのだと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 00:17| Comment(0) | NONFIX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。