2012年03月25日

テレメンタリー2012 3・11を忘れない よみがえれ!わかめの島


宮城県女川町出島(おながわちょういずしま)
昭和28年、女川町で日本初のワカメ栽培が行われた場所である。
番組は4年前にわかめ漁を取材。
人口499名
わかめ、ホヤ、ほたて、銀鮭などの養殖が盛んな島は収穫目前にして津波に飲み込まれた。

番組はわかめ養殖44年の
須田勘太郎さん(当時67歳)を取材していた。

震災後、島の安否が心配される中、
須田さんの無事な姿が新聞に掲載され、再び取材に走った。

震災から2週間後の3月25日、
須田さんに再会し、話を聞いた。
震災時、彼は島ではなく、女川で被災。
髪を切っている最中だったという。
当時の理髪店の場所に行ってみると、大きなビルが鎮座していた。
斜向かいにあったビルが流されてきたのである。

地震のあと、津波を警戒し、女川町生涯教育センターへ非難した。
最上階に非難しても迫ってくる津波。
屋上へ続く屋外はしごをつたい、なんとか屋上まで逃げた。
そのときの話を語る須田さんだが、途中で息が詰まって涙ぐんでしまった。

須田弘喜くん12歳
祖父母と暮らしていた家が津波にのみこまれた。
彼が通っていた小学校は閉鎖。

震災から3ヶ月後
彼は女川で祖父母と暮らしていた。
休みの日は祖父を手伝い、島へ戻った人達へ物資を届けていた。
彼の夢は島で祖父と一緒にわかめ漁をすること。

年が明け、学生たちが島へ戻る。
震災から1年ぶりだ。
今年卒業する島の学生の卒業式を出島で行いたいとの理由からだ。
卒業生もいずれはこの出島に戻って漁をするつもりだと語る。

島の若者たちは、銀鮭の養殖、ホヤの種付けと再び動き出した。
いずれはわかめの養殖も再開するつもりだという。

若い彼らに期待がかかる。

出島は特別に復興が進まない理由があるのだそうです。
女川の地形は特殊な形をしていて、
津波で飲み込まれたガレキは、全て出島の海岸へ溜まってしまうとのこと。
震災に遭われた方々には一刻も早い復興を望むのですが、
漁自体に果たして問題はないのでしょうか?
日本の太平洋側の海は例の原発事故により、
信じられない量の放射線が放出されているはずです。
それを無視して、ただ復興目的のために漁を再開するのは危険だと思います。
残念な話ですが私も今では海外産の魚を買うようになっています。
このあたり、もっと政府にどうにかして欲しいですね。














ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 08:05| Comment(0) | テレメンタリー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

テレメンタリー2012 もう一つの被災地栄村 豪雪地の365日


長野県栄村 豪雪地帯
記録では7m58cmまで積もったことがあるらしいです。

去年の3月11日、あの東日本大震災が起きました。
それから13時間経った3月12日、
この栄村にとっては12日こそが運命の日だったのです。

震度6の直下型地震が襲い、土砂崩れで3つの集落が孤立しました。
TVでは東北の被害を中心に伝えていたので栄村の惨状を詳しく知る人はいません。
人口2300人の栄村。
45%の人が65歳以上で、その9割に避難指示が出されました。
全体の7割の家が被害に会い、それでも死者がいなかったのは奇跡でした。

「かねく」という衣料品店を経営していた福島さん(73)
福島さんも家族で避難所に身を寄せました。
5月になって福島さんが自宅へ行ってみると、
店はめちゃくちゃ。
自宅も被害を受けていました。
そして時計は地震のときに止まったまま・・・

他方で
夏はトマト、アスパラ、冬はエノキダケを栽培していた
宮川さん。
震災後、トマト作りを再開しましたが、
地割れのため、作付面積2割減で200万円の減収。

それぞれ散々な生活が続きましたが、家族の絆は深まりました。
福島さんは自宅と店を修理、
全国からは励ましのはがきが来て、ようやく笑顔を取り戻しました。
宮川さんは、農業を継ぐことを決めた長男と一緒に家の再建を目指します。


長野での震災被害を追った回でした。
メディアでほとんど報道されなかったため、被害の存在すら
知らなかった人が多いと思います。
番組の中でも1人の女性が
「東北の被害にくらべたら私らなんかは・・・」
と言っていました。

東北の被害と比較すれば確かに軽度かもしれませんが、
他県でも遠慮して状況を訴えられない人々がいるはずです。
全国の被害の現実をもっともっと報道していってほしいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 11:47| Comment(0) | テレメンタリー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

テレメンタリー2012 犬と病院と子どもたち〜ベイリーからの贈り物

静岡の病院でセラピー犬として子供の相手をしている「ベイリー」の話でした。
静岡県立こども病院で入院している子供たちは皆病気を抱え、ふさぎこんでいる子も少なくない。
そんな子供達にベイリーは癒しを与えてくれます。
吼えたり、噛んだりは絶対にしません。
ベイリーのようなセラピー犬は日本でただ一頭だけだそうです。
白血病の男の子や余命3年と宣告された子など、ベイリーと触れることで、劇的に病状が良くなっていきます。
番組の中では子供の治療の様子が流れたのですが、かわいそうで見ていられなかったです。
子供が苦しんでいるのを見ると辛いですね。みんなはやく良くなってほしいです。

人間のために働いている動物の寿命は短いそうです。
すごく神経を使って生きているからでしょうね。
動物のためにも何か癒しを与えてあげたいです。

もうすぐ震災から1年、関連するさまざまな番組が放送されるでしょう。
できるだけ多く視聴してレビューを行っていこうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 23:51| Comment(0) | テレメンタリー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。