2012年04月09日

ザ・ノンフィクション 花嫁のれん物語3


北陸 石川県金沢の奥座敷能登にある和倉温泉。
創業明治18年の老舗旅館「多田屋」に嫁いだ佐永子さんの
視点で語られるシリーズの第3弾。

今回は前回の放送から震災を挟んで現在までの様子を放送。

6年前、2006年4月
千葉県で会社員の両親の下に生まれた佐永子さん。
看護師として働いている中、夫と出会った。
結婚後、2人はすぐに夫健太郎さんの実家、多田屋へ。
すぐに佐永子さんの女将修行が始まった。
半年後にデビューした。
その最初の客は、お義母さんのはからいで佐永子さんの両親だった。

跡継ぎを期待されるプレッシャーの中、
4年の不妊治療の結果、娘の光希ちゃんを出産した。

2011年冬
嫁いで5年目になり、佐永子さんは
これまでの若女将の仕事だけでなく、実践的な仕事をすることに。
おもてなし部門として女将と並んで仕事をする。

専務である夫とともに新しい多田屋を始めた矢先に起こった大震災。
自粛ムードの中、いつもにぎわう春のシーズンでも客はまばらな和倉温泉。
キャンセルも相次ぎ、その結果4月多田屋も休館。
能登半島沖地震以来の休館だ。

健太郎さんは個人客のリピーターを増やそうと、インターネットでの営業に力を入れる。
一方社長である父親は旅行代理店へ営業をかけ、一気に大口の顧客を得たい。
2人の気持ちは別の方向を向いていた。
両者の方向は違うが、お互い成果を上げ始め、再び多田屋に活気が。

新しい多田屋を目指す健太郎さんにはまた問題が。
古い味からの脱却を図るため、健太郎さんは古くから働いていた料理長に辞めてもらった。
すると、料理長とともに弟子の料理人も辞めていってしまった。
更に後任を予定していた人物にも断られてしまった。
顧客が戻り始めたのにも関わらず、調理場には誰もいない状態が。

2011年夏
健太郎さんは料理長不在の状態に悩んでいた。
いまだに見つからないのだ。
調理場だけでなく、いたるところで人員が不足している。

秋に入り、本格的に料理長探し。
健太郎さんは面接をするため長野へ向かった。
もう10人目だ。
知人に紹介された酒井誠史さん、健太郎さんと同じ年の35歳だ。
彼は健太郎さんの誠実さに感銘を受け、料理長として多田屋に来てくれることになった。
ようやく料理長が見つかった。
2012年元旦
多田屋では新年に特別な料理を出す。
いよいよ多田屋が健太郎さんの時代生まれ変わるときが来た。
酒井さんが考案した料理が次々と客室へ運ばれていく。
結果、料理は大評判に。

世代交代を目指す健太郎さんとは違う方向を向いていた社長に
佐永子さんはあるものを渡す。
社長は営業先の車の中でそれを開けた。CDだ。
ラジオ番組の録音だった。
エフエム石川「ドリームクライマー」健太郎さんが出演していた回だ。
東京で過ごしていた辛い時期に、
父親から電話越しに言われた言葉を胸にがんばってきたという内容だった。
「信念のひとかどを持て」
健太郎さんはそのことを心の支えとして今までがんばってきたのだ。

いろいろな事を言ってきたけれど、
ひとつでも彼の中に残っていてくれたのが嬉しかったと語る社長。
佐永子さんは旅館の経営よりも、まず家族の絆をもう一度見つめなおしてもらいたい。
その気持ちでCDを渡したのだ。

6年前、両家の挨拶まで済ませ、結婚式の日も決まっていた人がいたにもかかわらず、
健太郎さんとの結婚を決めた佐永子さん。
何よりも家族を大切にする健太郎さんの大きな愛に賭けたのだ。
「愛することは信じること」
「家族の幸せは私の幸せ」
愛する家族と多田屋をいつまでも守っていきたい・・・

今は2人目の子供を計画中だ。


この地方に伝わる「花嫁のれん」というしきたりを通して、
家族の絆を語るこのシリーズの3回目。
番組の主役、佐永子さんは非常によくできた人だと思います。
看護師として働いてきたせいか、すごく根性があり、なんでも精力的にこなします。
この人を番組の中心として扱ったのは正解だと思います。

誰も悪い人はいないのにギクシャクする家族。
我々の周りにもよくある光景だと思います。
みんなが少しずつ心を開いていけば解決するんでしょうが、
それがなかなかできないんですよね。

また続編を期待しています。



















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 08:25| Comment(1) | ザ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

ザ・ノンフィクション・特選 名物カレーの消えた街 神楽坂 ある家族の37年

2007年,2010年の2度に渡って放送された番組の再放送+現在の状況。
最近はこの形式での放送が多くなってきました。
この番組は1つ1つ長い間取材しているので、なかなか予算組作りが
難しいのかもしれません。

かつて花街として栄えた神楽坂
裏通りで地元の人々に愛されてきたカレーのおいしい店トレド。
夫婦で経営。
マスターの矢留楯夫(やとめたてお)さん
名物のカレーは、1972年の開業から継ぎ足し継ぎ足しで37年間毎日作ってきた。

マスターには自立した2人の子供がいる。
息子とはうまくいってない。
かつて、マスターも作家の父親に反発していた。
父親は歴史小説家の八切止夫やぎりとめお(本名 矢留節夫)享年73
生涯独身と偽っていたので、世間で知られることのなかった子。
マスターは父親の存在を疎ましく思っていた。
威圧的な父親が嫌だったという。

そんな父親とは18歳のときに両親が離婚するという形で離別。
その後マスターは早稲田大学の法学部へ進学。
合同ハイキングで奥さんと知り合い、結婚。
弁護士の夢を諦め、奥さんの実家平塚で鶏肉卸問屋で働くが、
職人とぶつかり、マスターの実家がある神楽坂へ移った。
2人が始めたのは実家を増築して始めたスナック。
料理学校で3日間、帝国ホテルのコックに教わっ手作った初めてのカレー。
それを自分流にアレンジして、人気メニューに育て上げた。
ルーは手作り、マンゴーとバナナ、リンゴ、人参、たまねぎが入る。
肉は上等な豚肉の肩ロースを使い、煮込む時は8時間毎に火を入れる。

そんなトレドがある地域に突如立ち上がった話。
100年の歴史がある東京理科大学の再開発だ。
この一角に大学の校舎と店と住居が一緒になった共同ビルを建てるという計画。
住民は一度立ち退き、建設が終わり次第戻ってこられる予定だ。
立ち退いていく住民。
しかし、着工が延期になり、見通しが立たなくなった。
周りが立ち退く中、営業を続けるトレド。
だんだんと客足は遠のいていく。

2009年
結局、2年も延期になっていた開発地域に着工計画が発表された。
なんと1ヶ月で立ち退けと言われ悩む夫婦。
なんとか立ち退きの日を決定。
閉店前の3日間は開業当時の値段で営業することにした。
なんとカレーは200円だ。
その話を聞いた息子の純さんから電話が・・・

いよいよ初日の営業を開始したトレド。
そこには手伝いに来ていた純さんの姿があった。
彼は37歳、カレーと一緒に育ってきた。
店の外には行列ができていた。開業してから初めてのことだ。
寸胴鍋4つに用意したカレーも3時間で終わってしまった。
トレド営業最後の日。
初日は130人、2日目は200人、どんどん客は増えていき、連日満員大盛況。
息子と働くマスターも嬉しそうだ。
娘の暁子さんも手伝いにやってきて、家族全員で厨房に立つ。
37年と8ヶ月、最後のカレーが終了した。
最終日の来客はなんと240人。

閉店後、鍋に残ったわずかなカレーを家族で分け合って食べた。
これが本当に最後のカレーだ。

閉店後に純さんが今までの思いを語った。
当時は会話のない父と息子だったという。
接客業で良い笑顔で会話する父は家内庭では間逆であり、
一緒にいるときも空気が重く、その日あったことを話したくても話せない寂しい状況であった。
それはマスター自身が父親に抱いてきた気持ちと同じものだったのだ。

そんな感情を抱いていた純さん。
この3日間手伝ってみて分ったという。
自分の両親が今までどれだけお客さんに愛されてきたのかということを。
そして、これからできるだけ親孝行をしていこうと決めた。

その気持ちを知り、マスターも、今までやってきたことは無駄ではなかった。
と語りついにトレドは姿を消した。

・・・そして現在、再開発は終了し、トレドは建設されたビルの中で営業を再開。
以前の趣をできるだけ再現する形で作った内装、大学生のアルバイトも入れ、
レジも導入した。
またここから継ぎ足しカレーが始まる。
名物カレー復活である。
神楽坂に来れば夫婦2人の元気な笑顔に逢える。


画面に写るカレーがとてもおいしそうでした。
昔ながらの定食屋がこうして姿を消していく姿に寂しさを感じました。
新たに再開した場所でカレーの味はいつか再現できるでしょう。
しかし、あの、あの雰囲気は再現できません。
2度と戻ってくることはないのです。
味のある定食屋、喫茶店がどんどん消滅していきます。
あのレトロな雰囲気が大好きな私は残念でなりません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 21:48| Comment(0) | ザ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

特選 ザ・ノンフィクション 売れない食えない笑えない

売れない食えない笑えない
〜年収年収100万円芸人物語〜

2007年12月放送

5年後の現在も含めた再放送企画
ワハハの芸人2組にスポットを当てた番組。

北海道を一人旅する元吉本芸人
森田嘉宏38歳。
芸名:コラアゲンはいごうまん
一人で全国ツアーをしている。
呼ばれれば公民館やすし屋などどこへでも行って芸をする。
これだけやっても年収はたったの114万円。
高円寺に住むコラアゲン、大阪から上京して7年。
芸歴はもう19年にもなる。
阪神巨人 巨人の元弟子である。
コンビで賞を取ったこともあったが、結局は泣かず飛ばず。
お笑い本家の大阪芸人ならば東京で売れまくるハズと一念発起して上京。
しかし、思い上がっていた鼻をへし折られた。

その彼の鼻を折ったのが、
東京渋谷「ワハハ本舗」主宰の喰始(たべはじめ)59歳。
学生の頃から放送作家として活躍。
彼は売れない芸人について言う。

続けても続けなくても後悔する。
好きなことを続けて貧乏のまま終わっても
辞めて違う道をえらんだとしても後悔する。
あんたはどっちの後悔を選ぶ? と

喰はコラアゲンにこう提案した。
体を張って体験して来い!
題して「体験ノンフィクションコメディ」
ヤクザ事務所に住み込んだり、ホームレス体験等、
彼独自の芸を作るべくひたすら体験をさせる。

お笑いコンビ
コンビ名:パー&ナー(パートナー)
星川桂と光野亜希子
所属して10年、もうすぐ三十路。
しかし彼女らも売れる気配はなし。
この2人も喰にダメ出しをされる。

本当はネタなんかどうでもいい。
芸は見せなくていい、存在感は楽しい人間になってくれ。
それに気がついて欲しい。と喰は言う。

そして、放送終了から5年後、
コラアゲンはいまだ売れず。
パー&ナーは解散し、
光野は新しい相方とコンビを結成、
星川は自分の貧乏をネタに執筆をしていた。

今回出演していた彼ら、
みんな芸人という職業が大好きなんだな
売れる、売れないもそれぼど問題ではなく、
いつまでも芸人として生きて行けたらそれでいい、
なかなかそんな生き方はできません。
ちょっと羨ましかったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 23:09| Comment(0) | ザ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。