2012年04月11日

テレメンタリー2012 3・11を忘れない ココロのトケイ

〜帰らぬ妻 残された夫 教師として〜

岩手県立大船渡高校定時制教師
小野寺浩詩さん(44)
震災の日、すべてを失った。建てたばかりの自宅も妻も・・・
妻の素子さんも教師だった。
あの日生徒を助けに行ったまま帰ってこなかった。

岩手県陸前高田市
結婚してまだ1年も経っていなかった仲むつまじい教師夫婦。
浩詩さんと素子さん。
地震の直後、素子さんは学校の生徒を非難させた後、車に乗り込んだ。
”プールに生徒たちがいるので行ってきます”
学校から海岸方向へ少し行ったところにあるプールへ向かった。
プールにいた生徒は9人。
水泳部員6人死亡、1人行方不明。助かったのは2人だけ。
助かった2人は素子さんには会っていないという。
3ヶ月後、素子さんの車だけが市内で見つかった。

震災から1ヶ月以上遅れて新学期が始まった。
浩詩さんも教壇に立つ。
家を無くした生徒、親戚を亡くした生徒みんなそれぞれに心の傷を抱えている。
浩詩さんは理科を教えている。
現実から逃げ出したい気持ちをぐっと押さえ、
最初の授業で地震と津波の話をした。

定時制には放課後はない。
授業の前から職員室にやってくる生徒たちに妻がいない現実を忘れさせてもらった。

半年後、瓦礫は少しづつ片付き、日常が戻ってきつつあった。
旭川で開かれる教育功労者表彰の会へ出席するため、浩詩さんは妻の地元、北海道へ。
浩詩さんは功労者として表彰された素子さんの代わりに出席した。
心のすみでいつかふらっと帰ってくると思っていたのだが、
会場にあった素子さんの大きな遺影を見て現実を突きつけられた。
勇敢な教師として表彰されることで素子さんが過去になってしまう。

11月
年に一度のスポーツ大会。
生徒の前で苦しい姿を見せることはない。
生徒たちも「先生は無理してがんばっているんだな」と薄々感じている。

12月
東日本大震災犠牲者合同お別れ会 感謝状贈呈式
犠牲になった素子さんと水泳部員のために開かれた。
津波の被害から逃れることができた生徒たちに小野寺さんはあるものを手渡した。
素子さんと生徒たちとの交換日記である。
中には生徒たちと真正面から向き合っていた1人の教師の姿があった。
震災以来、再び雪が降ってきた頃、生徒たちとの向き合い方が変わってきた。
浩詩さんは生徒たちと面談し、その心の傷を探ろうとしていた。

年が明けた2012年3月
浩詩さんは素子さんの葬儀をすることにした。
妻が帰ってこないという現実を受け入れることにしたのだ。
素子さんの教え子達が前に進むためにも必要なことだった。
現実という時計は時を刻み続ける。
未来を今に変えるには今を過去にしなければいけない。
心の時計の針を進めるためにも・・・

震災から1年後
岩手県と陸前高田市の合同追悼式。
黙祷を終え、小野寺さんが向かった先は素子さんと暮らした新居の跡地。
自分と生徒たちの1年を振り返る。

そして3月22日
終業式の日。
生徒に対して自分に対して気持ちを語る。
心の時計がちょっとずつ動き出した。



このシリーズももう30回を超えました。
これだけ長く震災被害を追いかけている番組はないでしょう。本当に尊敬します。
被災した人にはそれぞれ生きてきた人生があり、
1つの番組中で語りきれるものではありません。
しかし、震災を経験しなかった人々やこれから成長していく子供たちにTVというメディアを通して
人の生きざまを伝えていくことは非常に意味のあることだと思います。


















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレメンタリー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263733631

この記事へのトラックバック