2012年03月29日

NNNドキュメント マザーズ「特別養子縁組」母たちの選択

お腹の大きな女性。
綾香さん(仮名)
なんと14歳中学2年生の妊婦である。
現在妊娠9ヶ月、もうすぐ出産である。

変わってこちらは美沙さん(23歳)
も同様に妊娠している。

2人とも心から望んだ妊娠ではない。
結果、産まれ来る赤ちゃんを養子として他人に託す選択をした。

赤ちゃんの養子縁組をサポートするのは、
NPO「BABYぽけっと」主宰の岡田卓子さん。
ここでは、特別養子縁組制度を使い、
子供の欲しい家族のもとへ送り届けるという活動をしている。

通常、親が育てられない子供は児童相談所を通じて、乳児院・自動養護施設に預けられる。
そのうち10人に1人が里親のもとへ。
日本では施設で育てることを推奨してきた。
現在では民間団体や一部の児童相談所が特別養子縁組という制度を活用している。
特別養子縁組は民法の改正により24年前に始まった制度。
普通養子縁組とは違い、実の子として戸籍に登録できるのが特徴である。
育ての親が正式に実の親として登録できるのだ。

数カ月後、美沙さんは5時間かけ、女児を出産。
1週間後に退院した。
女児はその日のうちに引き取られていった。

一方、BABYぽけっとでは親になりたい人達を集めた個人面接会が行われていた。
養子縁組を支援する団体は全国で15団体。
Babyぽけっとでは年間10組以上が養子の赤ちゃんを迎える。
迎え入れる彼らのほとんどが不妊治療経験者である。
岡山でパン屋を経営する三木さん夫婦。
夫、啓靖(ひろやす)さん(42歳)、妻ななえさん(42歳)もこの個人面接会に出席した。
彼らは3年間不妊治療をしてきた後、養子を迎えるという選択をした。

数ヶ月後、2人に連絡が入った。
2人が待ち望んでいた赤ちゃん提供の連絡だ。
Babyぽけっとでは男女は選べないが、名前は付けることができる。
2人のもとに預けられる赤ちゃんは男の子だ。

赤ちゃんの親はあの中学生の綾香さんだ。
彼女が産んだのは3,512gの大きな子。

Babyぽけっとの場合、引き渡す側と渡される側、両方の情報がお互いに提供される。
日本ではめずらしい取り組みである。

赤ちゃんの名前は幸太郎くん。
三木さん夫妻が決めた名前だ。

2ヵ月後。2人は寝不足気味だが、幸太郎くんはすくすくと育っている。
「養子は隠すひつようはない」とななえさんは考えている。
周りの人々にはそのことを隠さずにしっかり伝えていくつもりだという。

「なぜ自分で育てられないのか」そんな批判もある。
しかし、この制度で小さな子供の命が救われるのはまぎれもない事実だ。


この番組を見ながら「あ!」と言ってしまった。
元親と里親の両方を紹介してしまって大丈夫なのだろうか?
通常お互いの情報は隠されるはずなのに。
この番組を見たら、お互いが知ることになってしまう・・・
しかし、後ほど
「引き渡す側と渡される側、両方の情報がお互いに提供される」と

特別養子縁組という制度を作って実の子として戸籍に登録できるのに、
わざわざお互いを知る必要があるのだろうかと疑問に思いました。
どちらにせよ子供のことを1番に考えて実行していただきたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 10:33| Comment(0) | NNNドキュメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。