2013年03月19日

熱きモデラー達の戦いの記録

NONFIX
ガンプラ世界一〜カリスマオヤジとモケ女の挑戦


あれから33年、すべてはここから始まった。
機動戦士ガンダムのプラモデル 通称「ガンプラ」
今までアニメシリーズを通して、のべ四億個以上出荷された。
今では世界15の国と地域で販売している。
そんなガンプラに魅せられた人々に一年にわたり密着した。

ガンダム世代と呼ばれた少年のオヤジ。
彼の名は「ざく太郎」(39歳)

ニュータイプ世代の模型女現る。
ガンプラ歴二ヶ月の「ROMO」(27歳)
模型女たちが作るガンプラは我々の想像をはるかに超えていた。
「色を塗っているときや仕上げている時やデコレーションしているときはおしゃれをしている感じ」
ガンプラがつなぐ絆もあった。
ガンプラを通して会話をする父と娘。

すべてのガンプラ少年がここを目指す。
ガンプラ世界大会「GUNPLA BUILDERS WORLD CUP」
二年前、国の代表背負ったつわものが香港に集結。
ガンプラの世界一を決める大会が開かれた。
集まったモビルスーツそしてパイロット。
ただ者ではない。
「アムロはニュータイプの能力を持ちシャアは全てを破壊するのが魅力的」とある参加者は言う。

第一回大会は12カ国の代表で世界一の座を争った。
「私にとってガンダムは神様のような存在、同じ歳なので自分自身と重なる」と海外からの参加者。
ガンダム世界は日本を飛び出し世界に広がっているのだ。
別の外国人は「僕はガンプラの塗装や組み立てをする方がガンダムアニメや漫画より好きです」と言う。
彼らのような海外勢を相手に日本代表も熱い戦いを繰り広げた
GUNPLA Builders World Cup 2011ワールドチャンピオンシップ

山口竜彦さんの作品「願い」
ガンプラの母国日本代表は翼をつけた美しさが評価されたが惜しくも第三位。
世界二位は香港代表。
カラーリングテクニックが評価された。
そして初のガンプラ世界一はマレーシア代表「Kshatriya W」
独創的な世界観が評価され栄冠を獲得。

第一回世界大会。ここから一年戦争の物語が始まる。
翌2012年、東京お台場で第二回世界大会が開催された。
第一回大会から第二回大会までの400日間、ガンプラに魅せられた人々を追った。
そう、この物語は言わば起動戦士ガンダムのもう一つの一年戦争である。

続きを読む
posted by ドキュメントまにあん at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | NONFIX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする