2012年08月01日

理不尽でいびつな制度は改善すべし

NNNドキュメント
心なき福祉〜札幌・姉妹孤立死を追う〜


札幌はこの10年で最も寒い冬となった。
1月札幌市白石区住宅街のアパートで二人の女性の遺体が見つかった。
佐野湖未枝(こずえ)さん(当時42歳)と妹の恵さん(当時40歳)だ。
姉が病死したあと寒さの中、妹が餓死した。妹は知的障害者だった。
部屋のガスは料金を滞納し、止まっていた。
通帳の残高はわずか3円。発見されたとき、妹は痩せ細り、胃の中は空っぽだった。
同じアパートの住民達ともほとんど顔を合わせることはなく、
姉妹が助けを求めたのは最後のセーフティネットと呼ばれる生活保護。
姉は窓口を3回も訪ねていた。
「求職活動をしているが決まらず、手持ち金も少なくなり、生活していけない」
と窓口で相談したものの、
区役所側は苦しい経済状況を知りながら、申請書さえくれなかった。
なぜ。

続きを読む
posted by ドキュメントまにあん at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | NNNドキュメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。