2012年06月18日

やり場のない怒り

NNNドキュメント'12
救いなき漂流 ユッケ集団食中毒と被害者


一皿280円の激安ユッケ
店の人気メニューが家族の団欒を引き裂いた。
被害者181人。このうち5人の命が失われた。
問われたのは生肉の安全性。
店や加工業者の衛生管理と行政の規制そのものの甘さが浮き彫りになった。
遺族の叫びに誰も答えないまま時間だけが過ぎていく。
富山県小矢部市に住む前田修一さん(仮名・49歳)
去年4月22日次男の誕生日祝いに家族で「焼肉酒家えびす」砺波(となみ)店へ行った。
ユッケを食べたのは前田さんと高校生の長男、中学生の次男だった。

続きを読む
posted by ドキュメントまにあん at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | NNNドキュメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

夫婦の絆

ザ・ノンフィクション
君を待っている〜不妊治療の今〜


40分の1。
これは体外受精などの補助生殖医療で生まれる赤ちゃんの数。
不妊治療には資金の面など厳しい問題がある。

不妊治療の現実を描いてきた漫画家がいる。
不妊との戦いはすでに10年を超えた。
忙しい仕事と根気の必要な不妊治療の両立。
続けている理由は一つ。
「子供が好きな彼のために赤ちゃんを産みたい」とう切なる願いがあるからだ。
妻としての大きな役割りと考えている。
二人三脚で続けてきた不妊治療。
45歳の体が妊娠できる可能性はごくわずか。
そんなとき夫婦は大切な約束を交わす。
続きを読む
posted by ドキュメントまにあん at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ザ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

消えていく風景

テレメンタリー2012
紅い里の学び舎 最古の木造校舎 最後の1年


岡山県の高梁市立吹屋小学校。
明治時代から続く木造校舎は現役としては日本最古の小学校だ。
しかし、児童数減少のため、2012年の春に閉校することが決まった。
2011年4月
一年生の金藤桜華さん。
最後の年に入学する新一年生だ。
小さな集落の小学校だから迎える六人の在校生も式に出席する大人たちもみんな顔見知りだ。
しかし、表情が硬い桜華さん。
そこへ一人の上級生がやってきて手を取る。
桜華さんは安心して席についた。
続きを読む
posted by ドキュメントまにあん at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | テレメンタリー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。