2012年04月23日

ザ・ノンフィクション それでも「春」を信じてる

大分県大分市
一軒のアパートがある。
様々な事情で家族を失った少年少女を受け入れ、
自立を支援する施設「ふきのとう」だ。
彼らはここで20歳になるまで共同生活を送る。
8年前NPO法人として申請し、30名余りを受け入れてきた。
澤田正一さん(50歳)と妻の加代さん(49歳)で運営している。
結婚23年目になる澤田さん夫婦。
出会いは友人の紹介。
2人の結婚には最初は反対の声もあった。
その後儲けた2人の息子は下宿生活をしている学生だ。

2010年11月
ショウタ君(17歳)がやってきた。
8年近く養護施設で暮らしてきたが、義務教育を終え、
進学しない場合は施設に留まることはできない。
ふきのとうはそんな若者たちのための施設だ。
何よりも大切にしているのは家庭らしい温もり。
寮母である加代さんの手料理が振舞われる。
これまでの生活とは勝手が違うので慣れるまでには時間が必要だ。
仕事が見つかるまでは生活の基本が身につくよう、ゴミの出し方や掃除の方法を教える。
本来、それを学ぶための存在だった家が彼らにはなかったのだ。

国の補助金でやりくりしているNPOの経営は楽ではない。
アルバイトなどで若者が負担する額は月3万5千円、
澤田さん夫婦が彼らの携帯電話料を建て替えることも少なくない。
澤田さんが寝起きしているのは同じアパートの1室である。
つまり、澤田さんの24時間はふきのとうに当てられているのだ。

数日後、ショウタ君は澤田さんの紹介でガソリンスタンドで働き出した。
真面目に働き、自立して生活できるようになる。そこまでがふきのとうの役目だ。

アルバイトが休みの日、澤田さんはショウタ君を車で連れ出した。
行き先は市内から2時間あまり、山間の小さな村。
そこはショウタ君が幼い頃過ごした家だった。
施設に預けられる前、祖父母と暮らしていた家は今ではもう廃屋になっていた。
両親がいて、姉がいたはずの食卓。
誰もいない家に入り、家族の写真を見つけた。
たった1枚だけの家族の写真。
ショウタ君の父親は自殺、母親は病に倒れた。
写真の中には笑顔のショウタ君が。たった短い間でも家族に愛されていた証拠だ。
言葉が少なくなっていく澤田さん。
実は澤田さんは両親の顔すら知らないのだ。
澤田さんが知っているのは戸籍に書かれた父親の名前だけ。
これが、澤田さんに両親がいたという唯一の証拠だ。
両親とも早くにこの世を去っていた。
2歳の時両親が離婚、ショウタ君と同じく澤田さんも施設で育った。
澤田さんは言う
もし、自分がこういう環境のもとで育っていなかったらふきのとうを作ろうとは思わなかっただろう。

澤田さんのところで生活する若者の中の1人。
ふきのとうで暮らし始めて3年になるナオキ君(19歳)
澤田さんは野球の独立リーグが主催する入団テストを受けることを勧めた。
父親の顔を知らず、自ら命を断った母親を持つナオキ君。
預けられた親戚の家を飛び出してふきのとうにやってきた。
澤田さんは夢を持ってもらいたいという。
プロ野球選手を目指していたナオキ君は経済的な理由からずっと夢を諦めて生きてきた。
今回の入団テストは澤田さんが用意してくれた絶好のチャンスだ。

澤田さんはかつてサッカー選手を目指した自分とナオキ君を重ねていたのだ。
ショウタ君と同じくガソリンスタンドで働くナオキ君は正社員になる一歩手前まできていた。
正社員になる条件は運転免許の取得。
澤田さんは喜んで教習所に通うために組んだローンの保証人になっていた。

2010年12月4日福岡
入団テスト
四国アイランドリーグplusトライアウト
合格すれば最低でも月額10万円は保証され、住まいも与えられる。
澤田さんも緊張した。
ナオキ君が人生で初めて立ち向かうハードルだ。
50m走、ピッチングとテストは続く・・・
そしてテスト終了後その場で1次合格者の発表。
ナオキ君の名は呼ばれなかった。
澤田さんはナオキ君が捨て鉢にならないかが気がかりだった。

その後、ナオキ君は野球の練習に専念したいとガソリンスタンドを辞めた。
それから2ヶ月、ふきのとうから姿を消してしまった。
あとには滞納した家賃、携帯代など合計で30万の借金が残されていた。
苛立ちを感じる澤田さん。
ふきのとうには教習所から督促の電話が毎日かかってきた。
2週間ほどたってから居場所がわかった。
パチンコ店で働きながらその寮で暮らしていたのだ。
ナオキ君に裏切られた悔しさをぶつける澤田さん。
父親を知らないナオキ君にとって澤田さんの愛情は重荷だったのだろうか?

ふきのとうに来て半年近く、ショウタ君が変わり始めていた。
いつも食事は独りきり、以前に比べて一層無口に。
そして彼もふきのとうを飛び出した。

あれから1週間、ショウタ君本人から連絡が入った。
生活費を使い果たした結果のSOSだ。
澤田さんは当面の間、アパートを借り、差し入れに行くことにした。
そんな甘えた生活を続けていたショウタ君。
しばらくして夜の街にショウタ君の姿が。
髪を短く刈り上げ、悪い仲間とつるんでいた。
アルバイトで稼いだお金もゲームやカラオケに消えているらしい。
貯金も使い果たした。

毎月ショウタ君に手渡すのは5万5千円。
その際クギを刺すのだが、言葉の端々に仲間の存在が見え隠れする。
どうやらその仲間に金を渡しているようだ。
現金を受け取って去っていく背中はどこか怯えているようでもあった。

そして事件は起きた。
ショウタ君が仲間に殴られ、背中には生々しい火傷の跡。
澤田さんはショウタ君を連れ、警察に。
理不尽な暴力から守ってやらねばいけない。

許して許して許し抜くこと。絶対に見捨ててはいけない。
人は1人では生きていけないのだから。
澤田さんは身を持ってそれを知っているのだ。

時折足を向ける馴染みの居酒屋。
つかの間の息抜きだと思ったが、いつの間にか話題は若者の事。
この日はナオキ君の誕生日だった。
今どうしているのか?
思い立っておめでとうのメールを出してみた。
返事はすぐに来た。
まるで澤田さんのメールを待っていたかのようだ。
帰り道、ナオキ君のアパートに寄った。
20歳の誕生日だ。

4月になり、ナオキ君は人材派遣会社に登録、
ショウタ君も新たな道を歩み始めた。

誰にでも必ず春は来ると信じているからつけた名前「ふきのとう」
冷えて凍える魂を温める夫婦の日々はこれからも続く。





澤田さん夫婦のNPOとしての活動を追った番組でした。
両親がいないという気持ちは、
普通の家庭で育った私たちには理解できないことだと思います。
もし、自分に両親がいなかったらなんて想像するのすら困難でしょう。

両親をなくして育った子供たちには、
他人にどれだけ頼ってよいのか、信用してよいのか
その距離感を身につけるのが難しいのではないでしょうか?

澤田さん夫婦の献身的な活動には頭が下がります。
同じ環境で生きてきた者だからわかる苦労や辛さを
共に共有し、受け入れ、やさしく包み込んでいく。
これからもがんばってください。



















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。