2012年04月10日

テレメンタリー2012 どもってもいいんだよ 〜僕は吃音ドクターです〜


福岡市にある九州大学病院
耳鼻咽喉科
菊池良和医師(33)
吃音(きつおん)と脳の関係を研究する吃音ドクターである。
彼も吃音である。
彼が初めて自分の声が思うように出せないと気づいたのは小学1年のとき、
最初の言葉が出ずらく、苦しかったのを覚えている。
一生懸命話すけれども誰も認めてくれなく、笑う人もいた。
死んでしまいたいと思うこともあった。
しかし、親に心配をかけたくなくて病院に行きたいとも言い出すことができなかった。
「どうしてうまく声が出せないんだろう?」
それを知りたくて中学生の頃から医師を目指すようになった。

吃音は言語障害の1つであり、100人に1人あるとされている。
成長とともに症状がなくなる人もいるが、原因はわからず、治療法も確立されていない。
言語聴覚師との訓練でしゃべりやすくすることはできる。
多くの人は話すのをためらい、隠そうとしている。

吃音は5歳くらいまでに症状が出ることが多く、菊池さんは講演で親たちの悩みに答える。
育て方が悪かったのではないかと感じる親達に親の育て方が悪いのではないんだと伝える。
講演を聞く親達の中に中野さん夫婦の姿が。

息子の貴浩くん。
福岡県久留米市の小学校に通う小学5年生。
夢はプロ野球選手。
友達と遊ぶ間は症状を気にする様子はないが、
授業中、みんなの前で本を読む時、うまく本が読めない。
貴浩くんは週に1度、午後の授業を抜けて別の小学校に行く。
「ことばの教室」吃音のために組まれた特別なカリキュラムを受けるためだ。
ここで貴浩くんは先生と練習している。

貴浩くんにとって忘れられない出来事。
学校の集会で話そうとした時、言葉がつまってしまった。
そのときにおきたざわめき・・・
貴浩くんは笑われたのだと思って悔しかったことを覚えている。
今でも思い出すと涙が出てきてしまう。
当時の様子はビデオにも収められている。

ある日、両親が連絡を取って貴浩くんは菊池さんと会えることになった。
貴浩くんは自分と同じ悩みを持つ大人に会うのは初めてだ。
2人きりの面会の後、すぐに何かを書き始めた。
口に出せなかった思いを書き、菊池さんに手紙として渡したのだ。
あれから3週間、貴浩くんは授業で小さな発表をした。
両親も先生たちも貴浩くんが積極的になったと感じている。

吃音がある人たちが集まる自助グループ
福岡言友会
全国に32箇所あり、900人の会員がいる。
菊池さんは大学時代にここである言葉に出会った。
「どもってもいいんだよ」

菊池さんの研究で吃音の原因として脳の聴覚機能が関係することがわかってきた。
言語聴覚師になろうとしている学生たち向けての講演で彼らに呼びかけた。
「吃音で苦しむ人たちの良き理解者になってほしい」

菊池さんの夢は吃音があっても生きやすい世の中を実現することである。
吃音ドクターは今日も言葉を詰まらせながらエールを送る。



吃音・・・
私の周りにもたまに見かけることがありますね。
思っていることが口に出せないのは非常に辛いと思います。
特に多感な小中学生の頃に嫌な事を経験すると一生のトラウマになってしまうでしょう。
確かに吃音の方々と話をするともどかしい思いをすることがありますが、
その方々からいただくメールを読むと、
びっくりするほどまとまった文章を書かれたりします。
ただ話し方が人と少し変わっているだけで、差別や偏見の目で見るのはいけませんね。

















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 11:13| Comment(0) | テレメンタリー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。