2012年04月09日

ザ・ノンフィクション 花嫁のれん物語3


北陸 石川県金沢の奥座敷能登にある和倉温泉。
創業明治18年の老舗旅館「多田屋」に嫁いだ佐永子さんの
視点で語られるシリーズの第3弾。

今回は前回の放送から震災を挟んで現在までの様子を放送。

6年前、2006年4月
千葉県で会社員の両親の下に生まれた佐永子さん。
看護師として働いている中、夫と出会った。
結婚後、2人はすぐに夫健太郎さんの実家、多田屋へ。
すぐに佐永子さんの女将修行が始まった。
半年後にデビューした。
その最初の客は、お義母さんのはからいで佐永子さんの両親だった。

跡継ぎを期待されるプレッシャーの中、
4年の不妊治療の結果、娘の光希ちゃんを出産した。

2011年冬
嫁いで5年目になり、佐永子さんは
これまでの若女将の仕事だけでなく、実践的な仕事をすることに。
おもてなし部門として女将と並んで仕事をする。

専務である夫とともに新しい多田屋を始めた矢先に起こった大震災。
自粛ムードの中、いつもにぎわう春のシーズンでも客はまばらな和倉温泉。
キャンセルも相次ぎ、その結果4月多田屋も休館。
能登半島沖地震以来の休館だ。

健太郎さんは個人客のリピーターを増やそうと、インターネットでの営業に力を入れる。
一方社長である父親は旅行代理店へ営業をかけ、一気に大口の顧客を得たい。
2人の気持ちは別の方向を向いていた。
両者の方向は違うが、お互い成果を上げ始め、再び多田屋に活気が。

新しい多田屋を目指す健太郎さんにはまた問題が。
古い味からの脱却を図るため、健太郎さんは古くから働いていた料理長に辞めてもらった。
すると、料理長とともに弟子の料理人も辞めていってしまった。
更に後任を予定していた人物にも断られてしまった。
顧客が戻り始めたのにも関わらず、調理場には誰もいない状態が。

2011年夏
健太郎さんは料理長不在の状態に悩んでいた。
いまだに見つからないのだ。
調理場だけでなく、いたるところで人員が不足している。

秋に入り、本格的に料理長探し。
健太郎さんは面接をするため長野へ向かった。
もう10人目だ。
知人に紹介された酒井誠史さん、健太郎さんと同じ年の35歳だ。
彼は健太郎さんの誠実さに感銘を受け、料理長として多田屋に来てくれることになった。
ようやく料理長が見つかった。
2012年元旦
多田屋では新年に特別な料理を出す。
いよいよ多田屋が健太郎さんの時代生まれ変わるときが来た。
酒井さんが考案した料理が次々と客室へ運ばれていく。
結果、料理は大評判に。

世代交代を目指す健太郎さんとは違う方向を向いていた社長に
佐永子さんはあるものを渡す。
社長は営業先の車の中でそれを開けた。CDだ。
ラジオ番組の録音だった。
エフエム石川「ドリームクライマー」健太郎さんが出演していた回だ。
東京で過ごしていた辛い時期に、
父親から電話越しに言われた言葉を胸にがんばってきたという内容だった。
「信念のひとかどを持て」
健太郎さんはそのことを心の支えとして今までがんばってきたのだ。

いろいろな事を言ってきたけれど、
ひとつでも彼の中に残っていてくれたのが嬉しかったと語る社長。
佐永子さんは旅館の経営よりも、まず家族の絆をもう一度見つめなおしてもらいたい。
その気持ちでCDを渡したのだ。

6年前、両家の挨拶まで済ませ、結婚式の日も決まっていた人がいたにもかかわらず、
健太郎さんとの結婚を決めた佐永子さん。
何よりも家族を大切にする健太郎さんの大きな愛に賭けたのだ。
「愛することは信じること」
「家族の幸せは私の幸せ」
愛する家族と多田屋をいつまでも守っていきたい・・・

今は2人目の子供を計画中だ。


この地方に伝わる「花嫁のれん」というしきたりを通して、
家族の絆を語るこのシリーズの3回目。
番組の主役、佐永子さんは非常によくできた人だと思います。
看護師として働いてきたせいか、すごく根性があり、なんでも精力的にこなします。
この人を番組の中心として扱ったのは正解だと思います。

誰も悪い人はいないのにギクシャクする家族。
我々の周りにもよくある光景だと思います。
みんなが少しずつ心を開いていけば解決するんでしょうが、
それがなかなかできないんですよね。

また続編を期待しています。



















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 08:25| Comment(1) | ザ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする