2012年03月11日

NONFIX 福島の警察官


震災からもうすぐ1年
ひたむきに職務を続ける人達・・・福島の警察官である。
彼らは今も行方不明者の捜索を続けている

警察官の1人
佐藤さんは警戒区域内で放射線を測定し続けている。
もともと郡山署に勤めているのだが、今は
片道2時間かけて管轄の地域まで通っている。

いわきにある実家の家族も被災者で
震災当日父親は洋上にいて、数日間は海から戻れなかったという。
未だに職は失ったままである。

宮城県出身で自転車サークルに入っていたときに福島で人の優しさに触れ、
現在は福島県の交通課に配属されている女性警察官の水谷さん。

彼女は上司とともに仮設住宅に通いつめ
住民を集めて交通指導をしている。

2011年の12月には大規模捜索が行われ、
区域によっては放射線防護服が必要な状況の中捜索したが、
不明者を見つけることはできなかった。

2012年になってからは
各地で働く350人の警官が福島へ転属された。

メディアでは放送されない警察官に焦点を当てた番組でした。
誰も住んでいない警戒区域を
毎日巡回する警察官。
地元で育ち、警察官になった方も多く、
福島のために復興を目指して努力を続ける彼ら・・・

自分が同じ立場なら彼らのように行動できるのか
みなさんすばらしい人達でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
タグ:NONFIX
posted by ドキュメントまにあん at 01:23| Comment(0) | NONFIX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。