2012年03月25日

テレメンタリー2012 3・11を忘れない よみがえれ!わかめの島


宮城県女川町出島(おながわちょういずしま)
昭和28年、女川町で日本初のワカメ栽培が行われた場所である。
番組は4年前にわかめ漁を取材。
人口499名
わかめ、ホヤ、ほたて、銀鮭などの養殖が盛んな島は収穫目前にして津波に飲み込まれた。

番組はわかめ養殖44年の
須田勘太郎さん(当時67歳)を取材していた。

震災後、島の安否が心配される中、
須田さんの無事な姿が新聞に掲載され、再び取材に走った。

震災から2週間後の3月25日、
須田さんに再会し、話を聞いた。
震災時、彼は島ではなく、女川で被災。
髪を切っている最中だったという。
当時の理髪店の場所に行ってみると、大きなビルが鎮座していた。
斜向かいにあったビルが流されてきたのである。

地震のあと、津波を警戒し、女川町生涯教育センターへ非難した。
最上階に非難しても迫ってくる津波。
屋上へ続く屋外はしごをつたい、なんとか屋上まで逃げた。
そのときの話を語る須田さんだが、途中で息が詰まって涙ぐんでしまった。

須田弘喜くん12歳
祖父母と暮らしていた家が津波にのみこまれた。
彼が通っていた小学校は閉鎖。

震災から3ヶ月後
彼は女川で祖父母と暮らしていた。
休みの日は祖父を手伝い、島へ戻った人達へ物資を届けていた。
彼の夢は島で祖父と一緒にわかめ漁をすること。

年が明け、学生たちが島へ戻る。
震災から1年ぶりだ。
今年卒業する島の学生の卒業式を出島で行いたいとの理由からだ。
卒業生もいずれはこの出島に戻って漁をするつもりだと語る。

島の若者たちは、銀鮭の養殖、ホヤの種付けと再び動き出した。
いずれはわかめの養殖も再開するつもりだという。

若い彼らに期待がかかる。

出島は特別に復興が進まない理由があるのだそうです。
女川の地形は特殊な形をしていて、
津波で飲み込まれたガレキは、全て出島の海岸へ溜まってしまうとのこと。
震災に遭われた方々には一刻も早い復興を望むのですが、
漁自体に果たして問題はないのでしょうか?
日本の太平洋側の海は例の原発事故により、
信じられない量の放射線が放出されているはずです。
それを無視して、ただ復興目的のために漁を再開するのは危険だと思います。
残念な話ですが私も今では海外産の魚を買うようになっています。
このあたり、もっと政府にどうにかして欲しいですね。














ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 08:05| Comment(0) | テレメンタリー2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

NNNドキュメント 3・11大震災シリーズ31


きっと会えるから・・・
〜大川小 遺族の1年〜

巴那(はな)ちゃん
いまだに見つからない子へ母親が手紙を書く。

石巻市立大川小学校
北上川の河口から5キロ離のところにある。
震災の日、8メートルの津波が襲った。
全校生徒108名のうち74名が犠牲になり、巴那ちゃんを含めまだ4人見つかっていない。

巴那ちゃんを失った両親。
鈴木さん夫妻。
お兄ちゃんの堅登(けんと)くんも同じ日、津波にさらわれたが8日後に見つかった。

地震のあと、大川小学校の生徒達は校庭へ一時避難をした。
津波から逃げるようにと放送があったにもかかわらず、教師たちは生徒を川のそばの三角地帯へと連れて行く。

そして津波にのまれた。
なぜ、すぐ近くにある裏山に逃げなかったのか、遺族は学校側に説明を求めた。
学校側の説明は、
・ここまでの津波を想定していなかった。
・裏山はがけ崩れの心配があった。
と説明、何度かの遺族説明会の後、人災を認め、謝罪した。

母親の携帯には震災数日前の映像が50秒だけ残っている。
そこにはピアノの発表会に向け練習する巴那ちゃんの姿。
今では宝物だ。

お盆を前に母親は巴那ちゃんの死亡届を出し、葬式をあげた。

年が変わり、母親の願いが1つ叶った。
今までは願っても1度も見ることはできなかった巴那ちゃんの夢を見た。
夢の中の巴那ちゃんは元気だった。
それ以来、毎日書いていた手紙を書かなくなった。

3月11日震災から1周年
夫婦の時計は進まない。
今日も巴那ちゃんを探し続ける。

見ていて辛い番組でした。
2人の子供を亡くした家庭がこんなに静かになるものなのか・・・
毎日巴那ちゃんを探している両親、
いつの日か見つかるのかもしれませんが、
それで両親2人の心が救われることはないでしょう。
地震と津波は人の一生をこうも簡単に変えてしまうんですね。
















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 08:03| Comment(0) | NNNドキュメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

NONFIX 坊主 be anbitious!〜仏教と坊主とワタシ〜

居酒屋に入る5人の丸刈りの男。
実は皆若手の僧侶である。
しかも宗派は違うが揃って高学歴である。
インターネットでお寺を開いたり、スマートフォン向けのアプリまで開発している。
目指すは「日本の仏教をより良くすること」

仏教は今から2500年前インドの王が悟りを開いて始まったとされる。
そして1500年前に日本に伝わったらしい。
日本の仏教は大きく分けて13の宗派がある。
現在も僧侶は増え続けていて30万人にも及ぶらしい。
日本の寺の数も全国のコンビニの約2倍、7万7496軒もある。

京都の僧侶、知恩院に勤める池内さん。
無縁社会と言われる現代の中で少しでも人と人を繋いでいけたらという思いで
フリーマガジンを発行している。
彼はメールで人生相談も受けている。
そこで彼が感じていること・・・
世の女性は幸せとはなにかを感じにくい状態にあるのではないか。
景気の良い時は好景気=幸せだったが、
今の不景気で何をよりどころにすればいいのかわからなくなっているのではないだろうか。

今女性たちの間で仏教がブームらしい。
なぜ仏教に引かれるのだろうか?

岩夫舞さん29歳
東京で一人暮らしをして11年。
彼女が幸せに気づいたきっかけは断舎利の本。
30歳の誕生日に「暗闇ごはん」というイベントへ出かけた。
主宰するのは先のインテリ僧侶の一人。
この会は暗闇の中で食事をする会である。
暗い中一生懸命食べることで、
普段当たり前の日常の一つ一つを幸せに気づいて欲しいとのこと。

3つの仕事を掛け持つ酒井友希さん37歳
休みは実に月1日だけだという。
その1日を過ごすのはまず浅草寺、次に台東区にある宋雲院で座禅。
すべてを忘れ、自分を見つめなおす時間だ。

あなたは今幸せですか?

そんな締めくくりで番組は終了しました。
当たり前の日常の生活を違った視点で見ると別のものが見えてくる。
どんな小さなことも幸せに思えるように生きて行きたい。
仏教がブームと言われているのも少なからず震災に原因があるのではないでしょうか。
「何かにすがりたい」「何のためにいきているのだろうか」
それぞれ考える中で仏教に行き着いているのだと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 00:17| Comment(0) | NONFIX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする