2012年03月31日

ザ・ノンフィクション・特選 名物カレーの消えた街 神楽坂 ある家族の37年

2007年,2010年の2度に渡って放送された番組の再放送+現在の状況。
最近はこの形式での放送が多くなってきました。
この番組は1つ1つ長い間取材しているので、なかなか予算組作りが
難しいのかもしれません。

かつて花街として栄えた神楽坂
裏通りで地元の人々に愛されてきたカレーのおいしい店トレド。
夫婦で経営。
マスターの矢留楯夫(やとめたてお)さん
名物のカレーは、1972年の開業から継ぎ足し継ぎ足しで37年間毎日作ってきた。

マスターには自立した2人の子供がいる。
息子とはうまくいってない。
かつて、マスターも作家の父親に反発していた。
父親は歴史小説家の八切止夫やぎりとめお(本名 矢留節夫)享年73
生涯独身と偽っていたので、世間で知られることのなかった子。
マスターは父親の存在を疎ましく思っていた。
威圧的な父親が嫌だったという。

そんな父親とは18歳のときに両親が離婚するという形で離別。
その後マスターは早稲田大学の法学部へ進学。
合同ハイキングで奥さんと知り合い、結婚。
弁護士の夢を諦め、奥さんの実家平塚で鶏肉卸問屋で働くが、
職人とぶつかり、マスターの実家がある神楽坂へ移った。
2人が始めたのは実家を増築して始めたスナック。
料理学校で3日間、帝国ホテルのコックに教わっ手作った初めてのカレー。
それを自分流にアレンジして、人気メニューに育て上げた。
ルーは手作り、マンゴーとバナナ、リンゴ、人参、たまねぎが入る。
肉は上等な豚肉の肩ロースを使い、煮込む時は8時間毎に火を入れる。

そんなトレドがある地域に突如立ち上がった話。
100年の歴史がある東京理科大学の再開発だ。
この一角に大学の校舎と店と住居が一緒になった共同ビルを建てるという計画。
住民は一度立ち退き、建設が終わり次第戻ってこられる予定だ。
立ち退いていく住民。
しかし、着工が延期になり、見通しが立たなくなった。
周りが立ち退く中、営業を続けるトレド。
だんだんと客足は遠のいていく。

2009年
結局、2年も延期になっていた開発地域に着工計画が発表された。
なんと1ヶ月で立ち退けと言われ悩む夫婦。
なんとか立ち退きの日を決定。
閉店前の3日間は開業当時の値段で営業することにした。
なんとカレーは200円だ。
その話を聞いた息子の純さんから電話が・・・

いよいよ初日の営業を開始したトレド。
そこには手伝いに来ていた純さんの姿があった。
彼は37歳、カレーと一緒に育ってきた。
店の外には行列ができていた。開業してから初めてのことだ。
寸胴鍋4つに用意したカレーも3時間で終わってしまった。
トレド営業最後の日。
初日は130人、2日目は200人、どんどん客は増えていき、連日満員大盛況。
息子と働くマスターも嬉しそうだ。
娘の暁子さんも手伝いにやってきて、家族全員で厨房に立つ。
37年と8ヶ月、最後のカレーが終了した。
最終日の来客はなんと240人。

閉店後、鍋に残ったわずかなカレーを家族で分け合って食べた。
これが本当に最後のカレーだ。

閉店後に純さんが今までの思いを語った。
当時は会話のない父と息子だったという。
接客業で良い笑顔で会話する父は家内庭では間逆であり、
一緒にいるときも空気が重く、その日あったことを話したくても話せない寂しい状況であった。
それはマスター自身が父親に抱いてきた気持ちと同じものだったのだ。

そんな感情を抱いていた純さん。
この3日間手伝ってみて分ったという。
自分の両親が今までどれだけお客さんに愛されてきたのかということを。
そして、これからできるだけ親孝行をしていこうと決めた。

その気持ちを知り、マスターも、今までやってきたことは無駄ではなかった。
と語りついにトレドは姿を消した。

・・・そして現在、再開発は終了し、トレドは建設されたビルの中で営業を再開。
以前の趣をできるだけ再現する形で作った内装、大学生のアルバイトも入れ、
レジも導入した。
またここから継ぎ足しカレーが始まる。
名物カレー復活である。
神楽坂に来れば夫婦2人の元気な笑顔に逢える。


画面に写るカレーがとてもおいしそうでした。
昔ながらの定食屋がこうして姿を消していく姿に寂しさを感じました。
新たに再開した場所でカレーの味はいつか再現できるでしょう。
しかし、あの、あの雰囲気は再現できません。
2度と戻ってくることはないのです。
味のある定食屋、喫茶店がどんどん消滅していきます。
あのレトロな雰囲気が大好きな私は残念でなりません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 21:48| Comment(0) | ザ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

NNNドキュメント マザーズ「特別養子縁組」母たちの選択

お腹の大きな女性。
綾香さん(仮名)
なんと14歳中学2年生の妊婦である。
現在妊娠9ヶ月、もうすぐ出産である。

変わってこちらは美沙さん(23歳)
も同様に妊娠している。

2人とも心から望んだ妊娠ではない。
結果、産まれ来る赤ちゃんを養子として他人に託す選択をした。

赤ちゃんの養子縁組をサポートするのは、
NPO「BABYぽけっと」主宰の岡田卓子さん。
ここでは、特別養子縁組制度を使い、
子供の欲しい家族のもとへ送り届けるという活動をしている。

通常、親が育てられない子供は児童相談所を通じて、乳児院・自動養護施設に預けられる。
そのうち10人に1人が里親のもとへ。
日本では施設で育てることを推奨してきた。
現在では民間団体や一部の児童相談所が特別養子縁組という制度を活用している。
特別養子縁組は民法の改正により24年前に始まった制度。
普通養子縁組とは違い、実の子として戸籍に登録できるのが特徴である。
育ての親が正式に実の親として登録できるのだ。

数カ月後、美沙さんは5時間かけ、女児を出産。
1週間後に退院した。
女児はその日のうちに引き取られていった。

一方、BABYぽけっとでは親になりたい人達を集めた個人面接会が行われていた。
養子縁組を支援する団体は全国で15団体。
Babyぽけっとでは年間10組以上が養子の赤ちゃんを迎える。
迎え入れる彼らのほとんどが不妊治療経験者である。
岡山でパン屋を経営する三木さん夫婦。
夫、啓靖(ひろやす)さん(42歳)、妻ななえさん(42歳)もこの個人面接会に出席した。
彼らは3年間不妊治療をしてきた後、養子を迎えるという選択をした。

数ヶ月後、2人に連絡が入った。
2人が待ち望んでいた赤ちゃん提供の連絡だ。
Babyぽけっとでは男女は選べないが、名前は付けることができる。
2人のもとに預けられる赤ちゃんは男の子だ。

赤ちゃんの親はあの中学生の綾香さんだ。
彼女が産んだのは3,512gの大きな子。

Babyぽけっとの場合、引き渡す側と渡される側、両方の情報がお互いに提供される。
日本ではめずらしい取り組みである。

赤ちゃんの名前は幸太郎くん。
三木さん夫妻が決めた名前だ。

2ヵ月後。2人は寝不足気味だが、幸太郎くんはすくすくと育っている。
「養子は隠すひつようはない」とななえさんは考えている。
周りの人々にはそのことを隠さずにしっかり伝えていくつもりだという。

「なぜ自分で育てられないのか」そんな批判もある。
しかし、この制度で小さな子供の命が救われるのはまぎれもない事実だ。


この番組を見ながら「あ!」と言ってしまった。
元親と里親の両方を紹介してしまって大丈夫なのだろうか?
通常お互いの情報は隠されるはずなのに。
この番組を見たら、お互いが知ることになってしまう・・・
しかし、後ほど
「引き渡す側と渡される側、両方の情報がお互いに提供される」と

特別養子縁組という制度を作って実の子として戸籍に登録できるのに、
わざわざお互いを知る必要があるのだろうかと疑問に思いました。
どちらにせよ子供のことを1番に考えて実行していただきたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 10:33| Comment(0) | NNNドキュメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

NONFIX 薬剤師になろう!

薬学部の学生、森山くん
彼の社会科見学を通して薬剤師という職業を見つめる番組。

盛大なパーティ。
大手薬局による新卒囲い込みのイベントだ。
現在、人員が不足しているそうだ。
現在のこの大不況の中で就職率100%だそうだ。

実は薬科大学は数年前に改革が行われ、
4年制から6年制に移行した。
その移行の際、2年間卒業生がいない空白の時期があった。
2010年、2011年の2年間だ。
その後の2012年なので今は究極の売り手市場になっている。

薬学部学生の就職先は主に3つ。
病院、ドラッグストア、MR(薬の営業)。
初任給は30万くらいで、
年収の最高額は800万だそうだ。

森山くんは病院で働く薬剤師のもとへ見学に行った。
そこで働く薬剤師たちは医師との立場の違いが大きいと感じている。

実は薬科大学が4年制から6年制に移行した理由は、
チーム医療に対応できる人材を作るという目的があったからである。
チーム医療とは医師、看護師、薬剤師が同等の立場で医療を行うことである。

しかし、現実は医師>看護師>薬剤師という明確な力関係が存在していた。

次に森山くんはMRのOGを尋ねた。
薬に関しては、圧倒的に医師より薬剤師の方が理解が深いのだが、
医師からの処方箋→薬剤師が処方。
この構造のせいで、弱い立場に追いやられている。

最後の社会化見学は・・・
ドラッグストアのようであり、
隣にはデイケアセンターが併設されているちょっと変った場所で働く薬剤師を訪問。
そこで働く薬剤師のもとを尋ねた。
看護師と薬剤師の服薬指導を見て感動する森山くん。
病院で失望したが、この施設のように、
職業に関係なく協力して患者に接する人々に希望を見つけた。


薬剤師という普段知ることのない世界を見ることができて非常に面白かったです。
番組では薬剤師バブルと言っていましたが、
実はこのバブルは長く続かないことがわかっています。
小泉内閣による規制緩和で増え続けた薬科大学。
入学者が集まり、今ではもう薬剤師を希望する人の数は過剰になっているそうです。
卒業しても就職できるかどうかわかりません。
ついこの間求人情報を見た時もMRの募集がものすごく多いことを思い出しました。
この募集もだんだん減っていくのでしょうか。
森山くを含め薬剤師を目指す学生のみなさん、これからの就職は厳しいでしょうが、
がんばってください。応援しています!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ドキュメントまにあん at 00:26| Comment(0) | NONFIX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。